So-net無料ブログ作成
恋愛に悩む男女必読の内容!恋愛の本質と正しき恋愛方法

全身脱毛サロンラココ
脱毛 海外 ブログトップ

脱毛 海外 ヒスパニック系 [脱毛 海外]

海外の女性は、脱毛をどうしてるのかというと
エチケットとして、綺麗にお手入れしているというのが西欧諸国。

南米とかのヒスパニック系になると、ムダ毛はわりとそのまま
みたいなこともあるみたいですね。

でも、足の毛はさすがに剃ってるみたいです。

じゃないと、ミニはいてもかっこ悪いし。

毛深い人は悩みなんじゃないでしょうか?

日本に来たら、こんな「一生通い放題」のサービスがあるなんて
彼女たちはきっと知らないでしょうね。

全身脱毛一生通い放題!シースリー業界最安値更新中!
nice!(0) 

脱毛 海外 ひげ面女性歌手 [脱毛 海外]

オーストリアの「ひげ面」女性歌手コンチータはもう大スターです。

なんといっても美しい声、黒くて長い髪、すらりとしたスタイル、そして

トレードマークのひげ面!

これはいったいどういうこと?

日本の人ならゲテモノと片付けてしまいそうなコンチータはしかし

海外、特にヨーロッパでは歌謡大賞を受賞した大人気歌手なんです。

彼女、いや彼? どちらか分からないこの人、全身脱毛ですべすべのお肌

でも、あごのひげだけは残してるんです。
nice!(0) 

脱毛 海外 オルセースキャンダル [脱毛 海外]

ところで、そのスキャンダラスとも芸術的とも言われる

オルセー美術館の絵画「世界の起源」の前で、ちょっとしたハプニングが。

金色のドレスの女が大きくM字開脚、下着は着けていず、もちろん

黒々としたヘアー、その奥の秘められた場所も丸見えだったというのです。

聞くところによると、その女性は30才の白人で、なかなか美人。


警察に拘留された時の言分が、「あれはわたしのアートです」。

世間の女性たちが脱毛に気を使ってるときに、ふさふさとしたヘアーと

マル秘の場所をわざわざ公の場で開襟する女性もいるんですね・・・。


あああ、脱毛の話が、すっかり脱線してしまいました。

nice!(0) 

脱毛 海外 オルセー美術館 [脱毛 海外]

フランスはオルセー美術館に「世界の起源」という大きな絵画があります。
描いたのはギュスターブ・クールベ。19世紀後半の作品です。

女性の陰部のみがふすま2枚よりさらに大きなサイズに描かれた
その絵を最初見た時には、とても目のやり場に困りました。
だって、女性が大股開きで、陰毛も黒々のふさふさ。

いや、幸いですね。ヘアーがあって。

もしその女性が「脱毛」したパイパンだったら、ここまでの価値は
なかったのではないでしょうか。

脱毛しない方が芸術的?かどうかは別として
もともと、あそこに毛が生えてるのがふつうなのに
なぜ、わたしたちは脱毛したがるのか?
そんな疑問がふと浮かびます。


nice!(0) 
脱毛 海外 ブログトップ
ページ上に戻る
SEO対策テンプレート

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。